生理の終わりかけ・生理後の臭い対策に!正しい膣洗浄のやり方

生理の終わりかけは、いつまでも経血がダラダラ続いて、デリケートゾーンが臭いがち。
そんな時は、専用の使い捨てビデや携帯ビデを使って膣洗浄するのが好ましいようです。
残留経血はすでに酸化しており、排出された直後からイヤなにおいを発するので、出来るだけ早く処理するのが一番!
膣洗浄の仕方を覚えておくと、いろいろ便利です。
今回は、その膣洗浄の方法をご説明したいと思います。

 

膣洗浄に使うビデは何でもいいの?

膣洗浄のやり方

膣洗浄とは、膣内に精製水を注入して洗浄することをいいます。
トイレの洗浄機についてあるビデは外陰部を洗うものですから膣洗浄には向きません。
決して汚いものではありませんが、膣内を洗うのには不向きです。

 

あくまで、医療行為の一環ですので、専用のビデを使うようにしましょう。
通常のビデは、柔らかい容器の中に精製水が入っており、付属しているノズルを膣内に入れて容器を押すと精製水が出る仕組みになっています。
ドラッグストアなどで購入可能ですので、必ず膣洗浄専用のビデを使ってくださいね。

 

膣洗浄の方法は?

膣洗浄の方法・場所

まずは膣洗浄を行う場所を決めます。
膣内に水を入れて洗い流すので、汚れても構わない、トイレや風呂場などがいいでしょう。
手は必ず綺麗に洗って清潔な状態にしてくださいね。

 

便座に座るか、またはお風呂場などでしたら中腰になって、片側の手で膣口を開きながらビデのノズルを膣内に挿入します。
息をフーっと吐きながら行うとやりやすいようです。

 

特に冬などの寒い季節で精製水が冷たくて不快に感じる場合は、ビデそのものをお湯などに浸して、ある程度温めてから注入するようにするといいでしょう。

 

膣洗浄で気をつけたいことは?

膣洗浄で気をつけるべきこと-細菌

終わりかけの生理の不快感やにおいを軽減してくれる膣洗浄ですが、あまりに頻繁に行うのはNG
膣の内部は常在している菌によって酸性に保たれています。
常在菌すべてを洗い流してしまうと、細菌感染のリスクが高まり、細菌性の膣炎やカンジタ膣炎などを発症する恐れがあります。
せいぜい膣洗浄は月に2〜3回程度に抑えると、膣内環境を悪化させることなく、快適な状態を保てるでしょう。

 

まとめ

生理の終わりかけのにおい防止のためにも役立つ膣洗浄。
意外に簡単なので、ぜひ試してみてください。
絶対守っていただきたいのは、水道水は使わないこと!
デリケートな部位の洗浄ですので、かならず精製水を使ってくださいね。
膣洗浄専用のグッズも出ていますので、そういったものも試してみると、良いかもしれません。